July 09, 2018

パンク侍、斬られて候

イオンシネマ長久手 7/9

監督:石井岳龍 原作:町田康 脚本:宮藤官九郎
出演:綾野剛、北川景子、東出昌大、染谷将太、浅野忠信、永瀬正敏、國村隼、豊川悦司

Poster29
(C)エイベックス通信放送

原作未読ですが、何となくの予想通りの展開というか。
これはこれで楽しみましたが、評価は0か100くらいに分かれそう…と思いました。
役者さんそれぞれの思いっきりの感じは好感高め。
美術もそれなりに面白いし、エンディングテーマ、ベタすぎる…と笑いましたが
周りはそこそこの年齢のご夫婦とかが多く、なんか一人で笑っていて申し訳ない気持ちになったり…。

| | Comments (0)

June 07, 2018

ファントム・スレッド

伏見ミリオン座 6/7

監督:ポール・トーマス・アンダーソン
出演:ダニエル・デイ=ルイス、ビッキー・クリープス、レスリー・マンビル 他


Poster28
(C)2017 Phantom Thread, LLC All Rights Reserved


以前にもどこかで、こんな二人を観たような気がする。
それが何かとか、比較するとかはどうでもよくて、なにか不思議な既視感に囚われる映画だった。
自分の全てをドレスに捧げている男と、その一片を担うことになる女と、更に男の母、姉の存在が絡み合う愛憎…だけど愛憎などという言葉でくくりきれない感情の物語。
ラブロマンスでもあり、ゴシックホラーでもあり、サスペンスですらあった。
曖昧とも思える表情の奥にある感情にいつの間にかひきこまれてしまう。
形をはかり、布を裁ち、糸で縫い合わせ、作り上げられるドレスはこのうえなく現実的なもののはずなのに、どこか形を為さないような不安感を残す映画。
見終わって帰路に就くその時にも、これが現実か…と思い返したくなるような、タイトルと作品の融合は見事の一言に尽きた。

Du3otxuu0aawdon


| | Comments (0)

アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル

伏見ミリオン座 6/7

監督:クレイグ・ギレスピー
出演:マーゴット・ロビー、アリソン・ジャネイ 他

Poster27
Copyright (C) 2017 AI Film Entertainment LLC. All Rights Reserved.

圧倒された。
最初は観るのを戸惑っていた映画でもあった。
スキャンダルの概要はリアルタイムで見聞きしていたもので、その当時にあまりいい印象を抱けなかったせいもある。ネットも無い時代、情報は二ヶ月遅れくらいで雑誌で知るのが精一杯…といった時代だった。
それゆえに、これが現代にほど近ければ彼女らにもまた、違う風が吹いたろうに、と思わなくもない。
なんにせよ、あのリレハンメルのハーディングのあの場面をリアルタイムで観ていた者としては、やはり観ておきたいという気持ちが強かった。ゴシップとして断片的にしか流れてこない情報以外のものが必ずあると確信していた。そしてそれは間違いなかった。
母親は想像以上に怪物だったし、元夫とその友人は想像を更に、遙かに超えるクズだった。
ゴシップ記事が書き立てたハーディング像は、あながち間違っても居ない反面、如何に彼女のそういう姿を作り上げたか…も、うっすらと予想していた、その通りといえた。

時折メタな台詞を交え、奇妙な既視感を抱かせながら物語は進み、現在のハーディングにたどり着く。
あの時代、大好きだったスケーター達の中で、あの事件に関わった事で一人だけ深みに沈んでいた彼女の演技が甦る。マーゴット・ロビーは素晴らしい演技をした。この物語の全てがリアルではなく、演出も交えられているとしても、トーニャ・ハーディングという一人の人間を演じきったという事実には賞賛を送りたい。

| | Comments (0)

June 04, 2018

犬ヶ島

イオンシネマ長久手 6/4 (字幕版)

監督:ウェス・アンダーソン
出演(声):ブライアン・クランストン、コーユー・ランキン、エドワード・ノートン、ビル・マーレイ、ジェフ・ゴールドブラム(他)


Poster26
(C)2018 Twentieth Century Fox Film Corporation


近未来日本を舞台に、アンダーソン監督の優しい世界。
内容は結構ハードというか、現実の痛みが厳しい世界なんだけど、犬たちの表情に癒される。
これは確かに実写では作り出せない世界。
柴犬が居ないのもある意味、不思議な現実感でもあったんじゃないかな…と思う。

まず字幕で観て、原語のカオスっぷりを体験しておきたかった。
できれば吹き替えでもう一回観たい。
あと、画面の情報量は半端ないので、やっぱり大画面をオススメしたい。

もしかすると個人的には今年ナンバーワンかも。

| | Comments (0)

June 01, 2018

バーフバリ 王の凱旋 完全版

小牧コロナワールド 6/1

監督:S・S・ラージャマウリ
出演:プラバース、ラーナー・ダッグバーティ、アヌシュカ・シェッティ、サティヤラージ、ラムヤ・クリシュナ

Poster25
(C)ARKA MEDIAWORKS PROPERTY, ALL RIGHTS RESERVED.

前回が爆音だったので、音にはやや不満のある劇場でしたが、8:30開始の平日レイトにもかかわらず、けっこうお客さん入って居ました。
体調的に絶叫を断念してこちらにしましたが、バーフバリはやはり観ると元気になります!

歌のシーンや細かいつなぎの部分で、成る程!と納得しながら鑑賞しました。
カッタッパの思いもちゃんとわかってよかった…。
インターナショナル版の疾走感のある編集も好きですが、こちらじっくり見るのもいいですね!
3時間など本当にあっという間でした…!

| | Comments (0)

«デッドプール2